Opera 15 以降はこちら ⇒ Opera(Blink版)の設定(プロファイル)を別のパソコンへコピー/移動する

(Opera 12 までのプロファイル(この記事)と Opera 15 以降のプロファイル とでは構成が全く違うため、
  Opera 12 までから Opera 15 以降へのプロファイルの流用はできません。)

Opera のブックマーク・Cookie・アドオンなど全ての設定情報を、別のパソコンへコピー/移動 (移行)します。
 (USBメモリー を使う例)

設定フォルダ の場所 (Windowsの隠しファイル、隠しフォルダー、隠しドライブと拡張子を表示する)
 Windows 10/8.1/8/7/Vista の場合
  C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Opera\Opera

 Windows XP の場合
  C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\Opera\Opera

拡張機能フォルダ の場所
 Windows 10/8.1/8/7/Vista の場合
  C:\Users\ユーザー名t\AppData\Local\Opera\Opera

 Windows XP の場合
  C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Application Data\Opera\Opera


1. コピー元のパソコンの Opera を起動している場合は終了する

2. コピー元のパソコンに USBメモリー を接続する

3. USBメモリー に設定フォルダ用と拡張機能フォルダ用の 二つのフォルダを作成する
 (名前は任意。 設定フォルダ:OperaPrefs   拡張機能フォルダ:OperaWidgets)
o00701

4. コピー元Operaの 設定フォルダの内容を [すべて選択] し [コピー]
o00702

5. USBメモリー に作成した設定フォルダへ [貼り付け]
o00703

o00704

6. コピー元Operaの 拡張機能フォルダの内容を [すべて選択] し [コピー]
o00705

7. USBメモリー に作成した拡張機能フォルダへ [貼り付け]
o00706

o00707



8. 設定をコピー/移動する別のパソコンに USBメモリー を接続する

9. 設定をコピー/移動する別のパソコンに Opera をインストールする

10. インストールした Opera を終了する

11. USBメモリー の設定フォルダの内容を [すべて選択] し、[コピー] または [切り取り]
o00711

12. コピー/移動先の Opera の設定フォルダへ [貼り付け]
o00712

13. USBメモリー の拡張機能フォルダの内容を [すべて選択] し、[コピー] または [切り取り]
o00713

14. コピー/移動先の Opera の拡張機能フォルダへ [貼り付け]
o00714

15. 上書きの確認にすべて [はい (OK)] して、完了です。